HOME >> 保険用語解説 >> 三大疾病とは

2007年01月23日

三大疾病とは

このところ三大疾病をカバーする保険が話題になっています。

先日は第一生命が終身保険などの特約としてつけている三大疾病特約の不払いが1800件もあったという報道がありましたし、少し変ったところでは、マンション購入者が三大疾病にかかって、マンションを売却する場合の売却損を補償する、負担ゼロ型売却損補償保険の報道もありました。

ではこの三大疾病とは何を指すのでしょうか。

ご存知の方も多いかとは思いますが、「がん」、「心疾患」、「脳血管疾患」のことを指します。心疾患は心筋梗塞、脳血管疾患は脳卒中が代表的な病気です。

また、この三大疾病は三大生活習慣病ともいわれています。

日本人の死亡原因の第1位はがんで31.1%、第2位は心疾患で15.5%、第3位は脳血管疾患で12.5%と、1位から3位を占めている病気だから三大疾病といわれているのです。

亡くなった人の実に約60%が三大疾病が原因で亡くなっていることになります。入院日数も長引き、医療費も高額になりがち、という特徴もあります。もし、三大疾病にかかったら、家計に大きな負担を与えることは必至です。

そんなわけで、三大疾病を保障する保険が登場したわけです。

ただ、がんの告知がされないケースでの不払い問題など、今後に課題も残しています。

【保険用語解説カテゴリーの関連記事】

三大疾病とは
保険料と保険金
第三分野とは

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ

投稿者 matsumura on 2007年01月23日 17:15

三大疾病とはを最後までお読下さいましてありがとうございます。
三大疾病に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
三大疾病に関する記事をお持ちの方や三大疾病関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバックを受け付けています

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




キーワード出現頻度解析