HOME >> 保険の見直し方 >> 生命保険見直しの考え方

2006年05月15日

生命保険見直しの考え方

日本人は保険に入りすぎていると言われています。つまり、必要以上に高い保障額を契約している、ということなんです。ですから、無駄な保障を削り、適正な保障額だけを確保しましょう、というのが最近の流れとなっています。

ただ、誤解を恐れずに言えば、私は必ずしも無駄な保障は削るほうが良いとばかりは言えない、と考えています。

なぜなら、現在は「無駄」でも将来は「必要」になる可能性がある場合、保障の減額は相当なリスクを伴うからです。

どんなリスクか?

病気になるリスクです。生命保険は病気になると加入の際に条件が付いたり、ケースによっては加入できないこともあるのです。これは保障額増額の場合も同じです。

人は年齢を重ねるほどに病気になるリスクは高まります。その点を考慮せずに、軽々に保障額を減らせば、後で後悔することもあり得ます。

例えば、現在はサラリーマンでも将来独立を考えていて、厚生年金から国民年金に変わる可能性がある場合、必要保障額が増える可能性が大いにあります。

そうは言っても保障額が大きくなれば保険料も高くなります。そこで、注目されるのが掛け捨ての保険。具体的には短期更新型の定期保険がコストパフォーマンスの上で優れています。

一時期、散々に叩かれた定期付き終身保険の「定期」の部分です。極端に大きい保障額はそれこそ無駄ですが、少し余裕を持たせた保障額を確保しておきたいものです。短期更新型(5年程度)の定期保険(掛け捨て)ならそれが可能です。

できれば5年ごとの更新時期に合わせて保障額を見直し、確保しておきたい保障額で更新しましょう。FPに相談するのも一つの方法です。

要はライフプランをよく吟味した上で、保障額を見積もる必要があるということです。

★生命保険見直し関連情報のご紹介

生命保険の無料相談は生命保険契約ナビへ
複数社から無料見積! 生命保険に強いファイナンシャルプランナーをご紹介! ファイナンシャルプランナー(FP)をご存知ですか? ...
生命保険・医療保険比較見積りをして検討するサイト

【保険の見直し方カテゴリーの関連記事】

妻の医療保険を考える
予定利率と生命保険の見直しとの関係
生命保険見直しの手順
掛け捨て商品を上手に活用する
生命保険見直しの考え方

HOMEへ | 次のエントリーへ »

投稿者 matsumura on 2006年05月15日 19:33

生命保険見直しの考え方を最後までお読下さいましてありがとうございます。
生命保険 見直しに関するトラックバックやコメントを受け付けています。
生命保険 見直しに関する記事をお持ちの方や生命保険 見直し関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバックを受け付けています

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




キーワード出現頻度解析