HOME >> 保険会社について >> 保険会社を選ぶ

2006年05月14日

保険会社を選ぶ

生命保険を選ぶ際のポイントの一つに保険会社があります。

恥ずかしながら、私自身は初めて生命保険に加入した時、保険会社については考えもしませんでした。

ただ、勤務先に毎日といっていいほど訪問してくれていた保険会社の外交員、いわゆる「保険のおばちゃん」に勧められて、軽い気持ちで加入した、というのが正直なところです。どこの保険会社にしようか、というのは全く考えていなかった、というより、保険会社はどこも安全だと信じていたのです。

ところが、その後バブルが崩壊し、超低金利時代が到来、保険業界は激震の上、いくつもの中堅下位の生命保険会社が破綻しました。

選んだ保険会社によって明暗が分かれたことは、ついこの間のことなんです。

さて、そういった経験をふまえてどの保険会社を選ぶべきか、ということについて、ここでは私自身の経験から推奨できる保険会社をリストアップしたいと思います。あくまで、私見ですので、異論があることは承知しております。その点はある程度割り引いてください。

国内生保から見ていきますと、まずは業界の巨人、日本生命。ここはまず安心できます。先日も「十七年度に自己資本が目標の三兆円に達した」との報道がありました。おそらく体力勝負になったらどこにも負けないでしょう。

次に富国生命。ここは私が契約している保険会社です。中堅生保ですが、大変な優良生保と言えます。私は某大手国内生保のS生命とも契約していましたが、バブル崩壊以降、生保にとって、どん底の環境の中、富国生命は配当金を出していました。この間、S生命が「配当金なし」であったことはいうまでもありません。報道でも「配当原資を昨年度の十三倍の十七億円に大幅増額、対象を六割にあたる百五十九万件に拡大する」と発表されています。

そして元外資系であるソニー生命。カタカナ生保と呼ばれていますが、ここも無配当保険を中心に良好な業績を維持し、内容の良さには定評があります。当初は異端とされていた男性の営業職員を市場に投入し、業界に新しい風を送り込みながら、破竹の勢いで業績を伸ばしました。最近では男性営業職員も珍しくありませんが、ここは徹底した業績主義で、無駄な人件費を排除しています。その分、顧客に還元しているという見方もできるわけです。何を隠そう、私は平成8年から3年と少し、ソニー生命で営業マンをやっていました・・・。

あと、カタカナ生保ではアリコジャパン、がん保険で有名なアメリカンファミリー、などがお勧めです。

他にも優良な保険会社はあると思いますが、現時点で私がお勧めする保険会社は以上です。

★保険会社関連情報のご紹介

保険会社格付け一覧比較
2003年10月18日調べの各保険会社の格付け情報です(ソルベンシーマージン比率は平成15年3月期決算の情報)。最新格付け、各々格付けの定義は以下のURL...
保険会社比較(損保含む)

医療保険(各社サイト)比較
医療保険(各社サイト)比較・内容・情報・健康・金額の完全オススメ情報
医療保険(サイト)比較・完全オススメ情報

がん(ガン)保険について知っておかないと損をすること!
がん(ガン)保険とは「がん」という日本人の死亡原因トップの病気に対して、保障対象を限定した医療保険です。死亡保障型の生命保険に付いている疾病(災害)入院特...
がん(ガン)保険について知っておかないと損をすること!

【保険会社についてカテゴリーの関連記事】

外資系生保と国内生保
保険会社を選ぶ

HOMEへ | 次のエントリーへ »

投稿者 matsumura on 2006年05月14日 16:41

保険会社を選ぶを最後までお読下さいましてありがとうございます。
保険会社に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
保険会社に関する記事をお持ちの方や保険会社関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバックを受け付けています

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




キーワード出現頻度解析