HOME >> 保険商品について >> 生命保険の基本は定期・養老・終身

2006年05月14日

生命保険の基本は定期・養老・終身

保険商品の基本は三つだけといわれています。

もちろん、保険会社ごとに特徴のある商品を開発していますから、狭い意味での保険商品は相当数あります。

でも、それらの保険商品は3種類の基本形からの派生、もしくは組み合わせ商品といえます。その意味では保険商品の基本形は三つだけ、といえるのです。

その三つの基本形とは・・・定期保険、養老保険、終身保険・・・この三つです。

定期保険とはいわゆる「掛け捨て」の保険。保険期間(保障が続く期間)が予め決まっています。言い換えれば一定期間が過ぎれば保障がなくなる、ということです。保険料(掛け金)は安いです。

養老保険は「貯蓄型」の保険。定期保険と同じく保険期間が決まっていますが、保険期間が終了すると満期保険金が支払われます。保障金額と同額の満期保険金がもらえるんです。その代わり、保険料が高いです。

終身保険は名前の通り、終身型の保険。保険期間が決まっていません。つまり、保険をかけられた人(被保険者といいます)が亡くなるまで保険期間が続きます。そういう意味で終身保険といいます。保険料は定期保険より高く、養老保険より安いです。貯蓄性はありますが養老保険ほどはありません。

一時期大変よく販売された「定期付き終身保険」は定期保険と終身保険の組み合わせです。

また、人気の医療保険(入院時に支払われる)の内、10年更新型などは定期保険の派生商品といえます。

★生命保険の基本関連情報のご紹介

生命保険の比較
保険料が同じ場合、保険金(死亡保障)の額は、 ・定期保険>終身保険>養老保険 死亡保障の保険金が同じ場合、保険料の額は、 ・定期保険<終身保険<...
定期保険、終身保険、養老保険の三つを比較

【保険商品についてカテゴリーの関連記事】

貯蓄性保険商品の人気が復活?
失敗しない医療保険選びのために
医療保険と医療特約
要介護状態をカバーする保険ファンド型商品
終身保険って何?
養老保険って何?
定期保険って何?
生命保険の基本は定期・養老・終身

HOMEへ | 次のエントリーへ »

投稿者 matsumura on 2006年05月14日 15:09

生命保険の基本は定期・養老・終身を最後までお読下さいましてありがとうございます。
定期 養老 終身に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
定期 養老 終身に関する記事をお持ちの方や定期 養老 終身関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバックを受け付けています

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




キーワード出現頻度解析