HOME >> 生命保険について >> 貯金と保険の違い

2006年09月16日

貯金と保険の違い

貯金は三角、保険は四角」って、聞いたことありませんか?

これは貯金と保険の違いを視覚的に言い表しているのです。

三角は正三角形ではなく、直角三角形で、斜辺が右肩上がりになっている状態を想像してください。四角は普通の長方形でいいです。

貯金は、当たり前ですが、だんだんと貯まっていきます。1ヶ月1万円の積み立てなら、1年で12万円、2年で24万円、3年で36万円、・・・という具合に貯まっていくわけです(利息は無視しています)。ちょうど、図に表すと、右肩上がりの三角形のように貯まっていきます。

これに対し、保険はどうでしょうか。例えば保険金額100万円の生命保険の場合、契約すれば、責任開始日から、いきなり100万円の「保障」が確保できていることになります。保険期間が10年間だとすれば、「100万円の保障が10年間続く」ということであり、縦軸を保険金額、横軸を保険期間とすれば、100万円×10年の長方形が描けるわけです。

このように、視覚的に捉えると貯金と保険の違いがよく理解できます。

貯金はあきらかに不慮の事故や病気などによる経済的負担をカバーするのには向いていません。なぜなら三角だからです。お金が必要なその瞬間は明日来るかもしれないのです。直角三角形の左端のところでその瞬間が来たら、悲劇です。

【生命保険についてカテゴリーの関連記事】

貯金と保険の違い
生命保険は本当に必要か?
生命保険と損害保険の違い
生命保険は高額商品

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ

投稿者 matsumura on 2006年09月16日 20:17

貯金と保険の違いを最後までお読下さいましてありがとうございます。
貯金 保険に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
貯金 保険に関する記事をお持ちの方や貯金 保険関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバックを受け付けています

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




キーワード出現頻度解析