HOME >> 生命保険について >> 生命保険と損害保険の違い

2006年05月12日

生命保険と損害保険の違い

わかっているようで案外知らない生命保険と損害保険の違い。皆さんはどのくらい理解されているでしょうか?

一般的には生命保険は「人にかける保険」、損害保険は「モノにかける保険」と言われています。生命保険は人が病気になって入院したり、不幸にして亡くなったりした場合に保険金が支払われる…これくらいのことはご存知でしょう。

損害保険についても、身近な例でいえば自動車保険が真っ先にイメージできるはずです。

ところが「傷害保険」といわれるとどうでしょうか?

ケガをして入院(通院)したときに支払われる保険なんですが、実はこれ損害保険なんです。対象は…人ですよね。原因が病気ではなく、事故だから損害保険に分類されるのです。

ちょっと、ややこしいと思いませんか?

実際、傷害保険に加入している人が勘違いをしているケースはよくあるんです。

病気で入院して、手術することになった。結構費用もかかるが、確か入院したら給付される保険に入っていたから、と安心していたところ、調べてみてビックリ。傷害保険だったから、一銭も給付されなかった…。

これは典型的な勘違いの例です。傷害保険は「事故によるケガ」が対象で、病気の場合は全く対象外なんです。

このように、損害保険には人に関する保険もありますので注意が必要です。ポイントとしては、「病気」をカバーしないということ。

生命保険と損害保険が最も違う点として挙げておきたいことは、

原則として、損害保険は誰でも加入できるのに対し、生命保険は誰でも加入できるわけではないということです。年齢や病歴によっては加入できないのが生命保険です。

生命保険無料比較、見直し
生命保険の無料比較、見直し  生命保険ってわかりにくい、生命保険の保険料をもっと...
スレンダートーン フィギュラ口コミ、効果、感想

【生命保険についてカテゴリーの関連記事】

貯金と保険の違い
生命保険は本当に必要か?
生命保険と損害保険の違い
生命保険は高額商品

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

投稿者 matsumura on 2006年05月12日 16:50

生命保険と損害保険の違いを最後までお読下さいましてありがとうございます。
生命保険 損害保険に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
生命保険 損害保険に関する記事をお持ちの方や生命保険 損害保険関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバックを受け付けています

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




キーワード出現頻度解析